横浜の女性弁護士による離婚・財産分与・慰謝料・親権・養育費・不貞の無料相談。横浜市都筑区センター南

HOME弁護士紹介無料相談ご利用プラン解決事例お役立ちメモ弁護士費用事務所案内

解決事例(1)

(財産分与・養育費・慰謝料) ご相談者:妻

不貞をした夫から離婚調停の申立てがなされ、それに応訴する形で慰謝料800万円、養育費年額300万円、学資保険などの財産分与を獲得したケース

夫が不貞をし、別居に至ったケースで、夫から離婚調停の申立てがなされました。夫からの離婚請求は、有責配偶者からの離婚請求となりますので、ご本人が離婚に応じない限り、離婚が認められないケースでした。

最初にご相談いただいたときは、積極的に離婚を望んでいるわけではなく、悩んでいました。別居後、お子さん二人との生活が安定してきていること、ご本人も仕事をしていることから、お子さんの学費などの目処がつけば、別居を続けているよりも夫が望んでいるときに、早期に離婚に応じたほうが良いのではないかと提案し、その方向で調停に臨むことになりました。

こちらが早い段階で離婚の意思を示したことで、夫も気分を良くしたのか、柔軟な態度を示してくれ、細かい金額の調整に少し時間がかかりましたが、スムーズに調停を成立させることができました。
最終的には、慰謝料800万円、養育費年額300万円の支払いと学資保険や自動車などの財産分与を受ける内容で合意しました。

いつ、いくらぐらいの学費が必要となるかを計算し、こちらから養育費の金額や支払い時期について提案を出しました。提案理由を明確に示すとともに、夫の収入状況にも配慮することを心がけて提案したので、夫の理解も得やすかったように思います。養育費や慰謝料、財産分与について、概ね依頼者の希望が通る形で調停を成立させることができました。

無料離婚相談