横浜の女性弁護士による離婚・財産分与・慰謝料・親権・養育費・不貞の無料相談。横浜市都筑区センター南

HOME弁護士紹介無料相談ご利用プラン解決事例お役立ちメモ弁護士費用事務所案内

解決事例(11)

(財産分与・慰謝料)ご依頼者:元妻

同居する子どもの援助を受けて、住宅ローンを完済した自宅の持ち分を取得する形で離婚が成立したケース

夫が女性を作って家を出て、長年にわたって別居していました。別居中も、住宅ローンは夫が負担してくれていましたが、定年退職を目前にして、夫が、これ以上、住宅ローンの負担はできないと離婚調停を申し立ててきました。それに応訴する形で、離婚の協議をすることになり、ご依頼をお受けしました。

長年、別居していたものの、依頼者である妻は、子どもたちに、仕事の都合による別居と説明していたので、離婚することに心理的な躊躇がありましたが、一方で別居が続いたこともあり、冷静に状況をみて、離婚に応じることにしました。

夫は自宅には未練がなく、名義変更には快く応じてくれたものの、妻は自身の親の介護などもあって、ほとんど収入はなく、住宅ローンをどう清算するかが大きな問題となりました。

夫から、退職金の半額相当の支払いを受けることとなりましたが、それでは、住宅ローン完済には足りませんでしたし、今後の生活を考えると残債を分割して支払っていくことは不可能でした。幸いなことに、妻と同居する二人の子どもが学生アルバイトの時代から貯金をしており、その金額が相当額に上っていたため、子どもたちが夫から不動産の持ち分を買い取る形をとり、夫が財産分与相当額と子どもたちから支払われた持ち分の代金をあわせて、住宅ローンを完済することができました。

住宅ローンの支払い方法や離婚の条件について、合意が整ったところで、夫と子どもたちの不動産持ち分の譲渡を先行させて住宅ローンを完済し、財産分与として担保権の負担のない自宅の持ち分の譲渡を受けること、360万円の慰謝料を内容とする調停を成立させて、終了しました。

夫とお子さんたちの不動産売買契約、住宅ローンの完済手続き、登記名義の変更手続きなど、処理しなければならないことが多くありましたが、夫の代理人と連携をとり、懇意にしている司法書士の力を借りるなどして、手続きを進めていきました。依頼者が、お仕事に忙しいお子さんたちに代わり、フットワーク軽く、必要書類を用意してくださったので、スムーズに手続きを進めることができました。

過度の負担をかけてしまってお子さんたちに申し訳ないと何度もおっしゃっていましたが、最終的に名義変更が終了すると、さすがにほっとしたご様子だったのが印象的でした。お母様の介護をしながらの離婚協議で、精神的にも負担が大きかったと思いますが、いつも笑顔を絶やさず、気丈にてきぱきと行動されていて、逆に元気をいただいたような気がします。

離婚無料相談